会則

第1条(名称)

本会は「日本区域麻酔学会」と称する。

第2条(目的)

本会は、区域麻酔および局所麻酔の進歩と普及をはかり、臨床・教育・研究面における
向上に寄与することを目的とし、国内外でこの分野の指導的な役割を果たすことを目指す。

第3条(事業)

本会は、第2条の目的を達成する為に、次の事業を行う。

    1. 学術集会、講演会、セミナーなどの開催と運営
    2. 総会の開催(年1回)
    3. 学会誌、抄録などその他の刊行
    4. 区域麻酔および局所麻酔について医療界、社会への教育・啓発活動とその支援
    5. 本会の目的を達成するために必要な事業

第4条(組織)

  1. (1) 会員
    本会の会員は、正会員および賛助会員とする。
    1. 正会員とは本会の目的に賛同し、所定の年会費を納めた医療従事者とする。
    2. 賛助会員とは本会の目的に賛同し、所定の年会費を納めた個人または団体とする。
  2. (2) 退会
    会員は次の各号に該当し、かつ理事会の決議を経た場合は会員の資格を喪失する。
    1. 退会を本会事務局に届け出たとき。ただし、既納の会費は払い戻さない。
    2. 年会費を3年以上滞納し、かつ催促に応じないとき
    3. 死亡したとき
    4. 本会則に違反し、あるいは本会の名誉を甚だしく汚したとき
  3. (3) 役員および、その任期
    本会には会長1名、理事若干名、評議員若干名、監事2名、事務局長1名を置く。
    役員の任期は会長1年、理事、評議員、監事および事務局長は3年とし、会長以外の役員
    は再任を妨げない。
    役員は就任時の年齢が65才未満であることを条件とする。
    1. 会長は理事会で評議員から候補者を選出し、評議員会および総会の承認を得る。
      会長は別に定める細則により選出される。
    2. 理事は評議員会で選出後、総会の承認を経て会長が委嘱する。
      理事は別に定める細則により選出される。
    3. 監事は理事会で評議員から候補者を選出し、評議員会および総会の承認を経て会長が委嘱する。
      監事選出細則に別項を定める。
    4. 評議員は正会員から選出し、理事会の議を経て会長が委嘱する。
      評議員は別に定める細則により選出される。
    5. 事務局長は理事会で評議員から候補者を選出し、評議員会および総会の承認を経て会長が委嘱する。
      事務局長選出細則に別項を定める。
    6. 会長は理事会の推薦をうけて顧問を委嘱できる。
      顧問は役員とならない。
  4. (4)職務
    1. 会長
      会長は本会を代表し、会務を総理する。
    2. 理事および理事会
      1. ①理事は理事会を組織し、本会の会務を執行する。
      2. ②理事会は評議員会の開催、学術集会、講演会およびセミナーの企画、運営を審議し決定する。
      3. ③理事会は会長、理事、監事、事務局長より構成される。
      4. ④会長は少なくとも年1回、その他必要に応じて理事会を招集し、議長となる。
      5. ⑤理事会の成立には理事の3分の2以上(委任状を含む)の出席を必要とする。
      6. ⑥理事会の議決は出席理事の過半数を以て行う。
    3. 評議員ならびに評議員会
      1. ①評議員は評議員会を組織し、本会の会務を執行する。
      2. ②会長は学術集会の会期中又はその前後に定例評議員会を収集し、議長となる。
      3. ③会長は臨時評議員会を招集し、議長となることができる。
      4. ④評議員会の成立は評議員の2分の1以上(委任状を含む)の出席を必要とする。
      5. ⑤評議員会の議決は出席評議員の過半数を以て行う。
    4. 監事
      1. ①監事は本会会務および会計を監査する。
      2. ②本学会の全ての会議に出席し、会議に関して意見を述べることができる。
      3.  但し、決議権はもたない。
    5. 事務局長
      1. ①事務局長は会長を補佐し、事務局の業務を統括する。
    6. 総会
      1. ①総会は年1回開催し、会長が招集する。
      2. ②議決は出席者の過半数を以て行う。
    7. 委員会
      1. ①本会に常設または臨時の委員会を置くことができる。
      2. ②委員会は本会のために、事業案を企画・作成し、理事会に提案する。
      3. ③委員会の設置、運営および委員長の任期は別に定める細則に従う。
  5. (5)事務局
    事務局は本会の事務を行う。
    事務局の所在、運営は別に定める細則に従う。
  6. (6)会計
    会計は理事会に報告し、監事が監査し、評議員会および総会の承認を得る。
    会の会計年度は毎年4月1日より翌年3月31日迄とする。

第5条(運営)

  1. (1) 本会は会員の年会費、寄附金、その他の収入で運営する。
    年会費は入会時および次年度分を毎年3月31日までに納入しなければならない。
  2. (2) 正会員の年会費は10,000円とする。
  3. (3) 賛助会員個人の年会費は10,000円、団体の年会費は50,000円とする。
  4. (4) 必要に応じて、企業、団体、個人から寄付金を募ることができる。
  5. (5) 学術集会は原則として年1回とし、講習会およびセミナーは適宜開催する。
  6. (6) 学術集会における発表 (共同発表も含む) は本会の会員に限る。
    ただし、会長の承認を受けた者は本会の会員以外でも学術集会で発表できる。

付則

  1. (1) 本会則は2014年4月25日より施行する。
  2. (2) 会則の改訂は理事会の議を経て評議員および総会の承認のもとに行う。
  3. (3) 会費は2014年度から納めることとする。

ページ先頭へ

細則

会長選出細則

  1. (1) 会長に立候補する評議員(理事、監事を含む)は、開催する事業年度の3年前の年次学術大会開催時の
    3ヶ月前までに理事2名の推薦をもって事務局に所定の用紙に届け出る。
  2. (2) 理事会で理事の投票により選挙を行う。
  3. (3) 本細則は理事会の議を経て、評議員の承認により変更することができる。
  4. (4) 但し、本学会第3回学術集会までの会長の選出は別に定める申し送り事項に従う。
  5. (5) この細則は2014年4月25日より施行する。

理事選出細則

  1. (1) 理事の区分と定数
    1. 役職理事、選挙理事、指定理事に区別する。
    2. 役職理事とは、会長、前会長、次期会長、次々期会長、事務局長をさし、定数を5とする。
    3. 選挙理事とは選挙によって選出される理事をさし、定数を5とする。
    4. 指定理事とは選挙によらず役職理事が指名する理事をさし、定数を2以下とする。
  2. (2) 理事選挙
    1. 選挙理事に立候補する評議員は、当該年度の学術大会開催時の3ヶ月前までに理事2名
      の推薦をもって事務局に所定の用紙に届け出る。
    2. 評議員会で評議員の投票により選挙を行う。
    3. 選挙では5名を連記する。
      所定の人数の氏名を記していないものは無効とする。
    4. 選挙に当たっては会長が評議員の中から4名の選挙管理委員会を委嘱し、選挙事務を行う。
    5. 選挙は有効投票が最も多い者から選び、順次定数までの候補者をもって当選とする。
      定数最下位に有効投票数の等しい候補者が複数ある時は、抽選によって順位を決定する。
  3. (3) 指定理事
    指名理事は選挙理事が選出された後、役職理事が評議員の中から指名する。
  4. (4) 本細則は理事会の議を経て、評議員の承認により変更することができる。
  5. (5) 但し、本学会第3回学術集会までの理事の選出は別に定める申し送り事項に従う。
  6. (6) この細則は2014年4月25日より施行する。

監事選出細則

本学会第3回学術集会までの監事の選出は別に定める申し送り事項に従う。
この細則は2014年4月25日より施行する。

事務局長選出細則

本学会第3回学術集会までの事務局長の選出は別に定める申し送り事項に従う。
この細則は2014年4月25日より施行する。

評議員選出細則

  1. (1) 同一施設からの評議員数は以下の人数制限を原則とする。
    1. 医育機関:2名以下
    2. 一般病院:1名以下
  2. (2) 新評議員は次に掲げる基準に全て該当する正会員の中から選出する。
    1. 原則として研究歴が10年以上の者
    2. 評議員2名以上の推薦があること
  3. (3) 会長は毎年評議員に新評議員候補者の推薦を依頼する。
  4. (4) 被推薦者は定例評議員会が開催される3ヶ月前迄に次の書類を事務局に提出するものとする。
    1. 評議員2名以上の連名による推薦状1通
    2. 候補者の履歴書(最終学歴、主な職業歴など)1通
    3. 業績目録1通
  5. (5) 会長は推薦された新評議員候補について、理事会の承認を求める。
  6. (6) すでに評議員となっている者の審査は、会長が本人に継続の意志があることを確認し、理事会の承認を求める。
  7. (7) 本細則の改訂及び存廃は理事会の議を経て、評議員会および総会の承認を得るものとする。
  8. (8) 但し、本学会第2回学術大会までの評議員の選出は別に定める申し送り事項に従う。
  9. (9) この細則は2014年4月25日より施行する。

評議員の解任細則

本学会の理事会は以下の各号の何れかに該当する場合は、評議員を解任あるいは再任を拒否することができる。

  1. (1) 評議員が3年以上連続して評議員会に参加しなかった場合
  2. (2) 学会の名誉を著しく傷つけたと判断したとき
  3. (3) 本細則の改訂及び存廃は理事会の議を経る。
  4. (4) この細則は2014年4月25日より施行する。

事務局細則

  1. (1) 事務局は高知大学医学部麻酔科学・集中治療医学講座内に設置する。
  2. (2) 事務局は会員の年会費、寄附金、その他の収入によって賄われる。
  3. (3) 本会の事務処理のために事務局補佐(若干名)を置くことができる。
  4. (4) この細則は2014年4月25日より施行する。

委員会細則

  1. (1) 本会に以下の委員会を常設する。
    1. 学術委員会
    2. 教育委員会
    3. 国際交流委員会
    4. 学会誌編集委員会
    5. 広報委員会
    6. 倫理委員会
  2. (2) 各委員会は委員長1名および委員若干名で構成する。
  3. (3) 各委員長は理事会で選出し、会長が委嘱する。
  4. (4) 各委員長の任期は3年間とし、再任を妨げない。
  5. (5) 各委員長は委員を役員から選出し、会長が委嘱する。
  6. (6) 本細則の改訂及び存廃は理事会の議を経る。
  7. (7) この細則は2014年4月25日より施行する。

ページ先頭へ